学生キャッシングの話2

借金大魔神です。
少しヒサシブリでした。

さて今日も、学生キャッシングのお話その2です( ̄ー ̄)ニヤリ

学生ということを理由にキャッシングの審査を通過しない、という理由から、学校周辺などでバラ撒かれている、キャッシングのチラシなどには、全部ではありませんが違法業者も多いので気をつけて下さい。

ケースによっては、法外な利息を要求される場合もあります。

キャッシング業者がオカネを貸すには、未成年者が対象の場合は親権者の同意が必要になります。

子供が借りた借金が返済不能状態になっても、親に返済義務はありません。

ただ、親というのはいつになっても子供が可愛いもので、良心から返済を肩代わりしてしまう親もいるでしょう。

子供のほうから泣きついて来るかもしれません。

子供の借金を、たとえ少しでも親が返済した場合、親が子供の借金を認めたこととなり、返済義務が生じてきます。

子供の借金を返済することに最後まで付き合い、必要があれば全額を肩代わりする、という心構えが無い限り、親の立場からは子供の借金にはかかわらないほうが良いと思います。

子供の返済を10円でも親の側から支払ったら、それがもとで親子共々借金まみれの状態になりかねません。

現在、どうしてもキャッシング必要なのかどうかは、よく考えて下さいね。

キャッシングは手軽でスピーディーな手段になりましたが、しかし学生である今から、キャッシングをすることに慣れてしまわないようにしましょう。

返済のあてのない金額を借りてしまうことが内容に、学生キャッシングを利用するときには、返済計画をきちんとたてて、無理をしないことが重要ですね。

学生キャッシングの話

photo6.jpg借金大魔神です。

今日は、学生さん向けキャッシングの話し( ̄ー ̄)ニヤリ

今までは、キャッシングといえば会社員か毎月決まった収入がある社会人を対象としたものに限られていましたが、学生に融資する学生キャッシングもここのところあるようです。

学生キャッシングでは、保証人や担保が不要、学割金利、低金利、返済の自由度が高いといった特徴がありますね。

学生向けとうたっているだけあり、学生さんにいろいろな便宜をはかっています。

例えば、インターネットで申し込みをして、学生証をFAXすれば、審査完了後に即日融資をしてくれたりします。

学生さん専用のキャッシングを利用する事で、就職活動や個人情報、信用調査等で問題になる事はほとんどないようです。

学生専用のキャッシングで融資を受けるには、大学生や短大生、専門学校生等である事が条件になります。

基本的に高校生のあいだは、キャッシングは利用できません。

スピード審査で申込みから融資までの時間も早く、そのうえ金利が安く、保証人も必要ない学生キャッシング。

学生とはいえ、お金はいろいろと必要になりますから、車を買うときや急な出費の時に、学生キャッシングがあれば何とかなることも多いかもしれませんね。

学生側からすればありがたい話といえますが、キャッシング会社のほうでは、社会人でない人に融資するので、それだけリスクを抱えることもあります。

最近の学生キャッシングでは、成約率が下がっているようですが、それは少額とはいえ、学生さんには融資したくない、というキャッシング会社が増えてきたのでしょうか。

クレジットカードであれば、社会人になってからでも使用できるので、学生キャッシングではなくクレジットカードのキャッシングサービスを使う、というのも良いかもしれません。

ご自身の状況に合わせて、慎重に選びましょうね。

主婦・レディースキャッシングの話

借金大魔神でございます(・∀・)ニヤニヤ

今日は、最近増えてる主婦キャッシング、レディースキャッシングのお話ですよ〜
気になる方、ご一読下さいね(⌒∇⌒)

旦那さんや家族に秘密でキャッシング等でお金を借りたい主婦は、かなりたくさんいらっしゃるようですね。

オカネの問題は、できることなら同居の家族や旦那さんと話し合って解決するとか、もし借りるにしても、返済計画に家族の協力を得るとか。

でも、それができれば最初から苦労しませんね。というより、相談できるくらいなら主婦キャッシングでオカネを借りる必要すら無いと思います。

現在の主婦キャッシング、レディースキャッシングでは、秘密を守るのは当たり前の状況です。

もしも、家族や身内に知られることなく主婦キャッシングやレディースキャッシングを利用して、お金を借りたいのならば、キャッシングを申し込む時に担当者にはっきり頼んでおきましょう。

どのキャッシング業者でも、秘密にしておきたい理由や、ご本人の連絡先の携帯電話番号などをはっきりしておけぱ、そのように対処してもらえます。

キャッシング業者のほうから郵便物がきたり、家のほうに直接電話がかかってくるなんてことは、まずありません。
もっとも、返済が遅れたりした場合は連絡がありますよ。

もし万が一、最初の契約通りの日付にお金が返せないような状況になったら、返済日より早めに連絡をしておくべきですね。

あとの返済計画については、キャッシング業者側と相談しましょう。

いきなり家族に電話するようなことは無いと思います。

間違いなく本人であることを確認するため、キャッシングの審査では家や勤め先に電話が入ります。

キャッシング会社名を名乗っては家族に知られてしまうため、個人名の電話になることがほとんどです。

キャッシング会社も、在宅確認がもとで家族に知られてしまうというようなことのないよう、気をつけてくれますよ。

クレジットカードの限度額

借金大魔神でございます( ̄ー ̄)ニヤリ

今日はクレジットカードの限度額のお話です。。

クレジットカードで、キャッシングを利用する場合は、限度額について理解しておいたほうが良いですね。

ショッピングによるローンの利用限度額と、小口融資であるキャッシングの利用限度額が、おのおの別々に設定されています。

カード利用者が、クレジットカードでキャッシングローンを利用する時は、当然、利用限度額の枠を守らなければなりません。

カード入会初年度の平均的な利用限度額は10万円から20万円程度がほとんどです。

毎月送付されてくる、利用明細書を見てみると、利用限度額が書いてあることが多いです。

ただし、利用限度額は、高いほどいいということでもありません。

たしかに、高額の利用限度額は余裕がありますが、気軽にショッピングをしてしまい、払いきれない金額のローンを作ってしまわないようにしたいものです。

利用限度額は、最初に決められた金額から、利用状況や継続年数、返済をきちんと行っているか等で、金額が変動します。

これまで利用状態や返済に問題がない人であれば、カードの更新手続きのときに利用限度額がアップします。

逆に引き下げられることもありますよ。

返済に問題がない、利用頻度が定期的な優良顧客は限度額が上がっていき、どんどん使いやすくなります。

また、利用者からの申し込みで限度額を引き上げることができるカードもあります。

利用限度額がアップすると、1枚のクレジットカードでの自由な商品の購入ができますし、限度額を意識しなくても良い、快適なショッピングが楽しめます。

1枚のクレジットカードでローンのやりくりができるならば、複数のキャッシングを利用せずにすみますから、便利です。

せっかく持ったクレジットカード、大事に育てましょう。。。

クレジットカードとキャッシングの審査

借金大魔王です( ̄ー ̄)ニヤリ

今日はキャッシングとクレジットカードの審査のお話。

キャッシングの審査とクレジットカード審査、どう違うのでしょう?

キャッシングの審査とクレジットカード審査は似ているようで、違うところがたくさんあります。

審査基準だけを見れば、キャッシングカードの方がクレジットカードより緩く設定されていて、カードを作りやすいみたいです。

しかし、カードを作れる対象ということならば、アルバイトをしている方や、主婦でも、クレジットカードを作ることは可能です。

それに比べて、キャッシングカードを作る場合は、安定した収入が基準となるケースが多いので、アルバイトの方では審査に通らないこともあります。

とはいえ、クレジットカードはキャッシングカードより審査が甘いとは限りません。

つまるところ、重要視するポイントの違いなのかもしれませんね。

キャッシングカードの審査では、この客は返済不能にならないか、貸したお金はきちんと回収が可能かの判断を重要視するようです。

消費者金融の審査は、ここのところ貸金業法の規制などによって、基準がますます厳しくなっているようです。

返済の時に問題が起きないか、きちんと返済してくれるのかを見極める手続きがキャッシングの審査であるといえるでしょう。

収入がなくなる危険性はどのくらいか、返済能力は大丈夫か、などについて業者側は顧客を個々に調べているわけです。

顧客の返済能力にポイントを置いた厳しい判断をしているのですから、審査基準はキャッシング会社は甘いものとはいえないでしょう。

審査のスピードでいえば、申し込みから審査結果が出るまでは、クレジットカードの審査の方が時間がかかります。

即日キャッシングの場合は、申し込みをして、数時間で審査が完了し、借り入れができるところも多くあります。

早急にお金が必要になった時、すぐに借り入れができる即日キャッシング会社があると便利で安心ですね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。